ウォーターサーバーの比較

亜鉛(Zn)の働き

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. 亜鉛(Zn)の働き

亜鉛は、たんぱく質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルです。成人の体内に約2g含まれており、骨や肝臓、腎臓、筋肉などの細胞全体に存在しています。亜鉛は新陳代謝を良くし、免疫力を高め、たんぱく質やDNA、RNAの合成に関与しています。細胞の生まれ変わりが活発なところでは亜鉛が必要とされます。

亜鉛の働き

亜鉛には、主に食事などで摂ったタンパク質を、髪の毛や爪、筋肉、骨、臓器といった組織に変えたり、細胞分裂や新陳代謝、抗酸化、アルコール分解、免疫活性化などの働きがあります。また、男性ホルモンを活発にして精子を造る効果のほか女性ホルモンのバランスを整え、生理不順や生理痛を解消する効果もあると言われています。

特に、 男性の薄毛の原因となる5αリダクターゼという酵素の活動を阻害し、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑える働きがあるところから、育毛には不可欠の成分として注目を浴びています。

また、亜鉛は鉛や水銀などの有害ミネラルを排出させる働きや免疫力を高める効果もあると言われています。

亜鉛が不足すると抜け毛や薄毛などの脱毛症のほか、前立腺の障害、インポテンツ、味覚障害、発育不全、機能性障害などを招く原因となる場合があることが指摘されています。

過剰なストレスは亜鉛を減らしてしまいますので、薄毛や抜け毛に悩む働き盛りでストレスの多い中高年は亜鉛を摂取するように心がけましょう。

但し、亜鉛の取りすぎ(過剰摂取)が続いてしまうと鉄や銅の吸収が妨げられてしまい、貧血や免疫機能の低下、白血球の減少、コレステロールや糖代謝の異常などの症状を引き起こすことがありますので注意が必要です。

厚生労働省の亜鉛の摂取目安量(推奨量)によりますと、成人の場合、男女とも1日に10mg程度とされていおり、乳幼児・小児は亜鉛の摂取を避けたほうが良いとされています。

勿論、ウォーターサーバー水に含まれる亜鉛の量は微量ですので全く問題ありません。

亜鉛を含有するウォーターサーバー水

ウォーターサーバー水

1リットル当たりの含有量

天然水

フレシャス富士 190μg
コスモウォーター(大分の天然水) 160μg
ネイフィールウォーター 160ug

宅配水に含まれる他のミネラル

 

ウォーターサーバーの比較

  

天然水部門 比較ランキング

フレシャス
コスモウォーター
プレミアムウォーター
比較した天然水ウォーターサーバー
  

RO水部門 比較ランキング

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
比較したRO水ウォーターサーバー

水道直結型サーバー 比較

水道直結型のウォーターサーバー
ウォータースタンド
CoolQoo
ウォータースタンドとクールクーの比較
CoolQooがお得になる水の量
  

水素水サーバー 比較

水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
ミネラルの含有量で比較
溶存酸素量で比較
水のノルマのあるなしで比較
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 亜鉛の働き All Rights Reserved.